最新 オッドアイ猫の販売価格は?どこで見つける?

この1年くらいで、空前の猫ブームが来てるらしいよ。

ペットショップで販売されてる猫の価格も高騰して20万以上が普通になってきてるそう。

そんな中でオッドアイの猫を飼いたい場合、どうやって見つけたらいいんやろか?

 

我が家には、オッドアイの猫が2匹いるんよ。

「虹彩異色症」とも言われ、左右の目の色が違う猫のことやねん。

目の色の組み合わせは、片方が青色で、もう片方が橙色、黄色、茶色、緑色のどれかになることがほとんどやねん。

我が家のあくびとさんは、右目が青、左目が黄色。

IMG_0359a

日本では、昔から「金目銀目」ってゆーて、縁起の良い猫って言われてるねん。

オッドアイの猫って珍しいよね。

それに、幸運を運ぶとか金運がupするとかってゆーし、猫好きなら飼いたいって思う人意外とたくさんいるんちゃうかな。

私もその一人やったからね(^^;

オッドアイの猫ってペットショップで販売されてるんかな?

ペットショップで聞いてみたよ。(2016年3月・京都で5件のペットショップに電話で聞いてみた。)

「オッドアイの猫はいますか?」

見に行って「今はいません。」(5件とも)

「入ることはあるんですか?」

「時間がかかってもよくて探してほしいと言われれば、探します。」(1件)

「そのような猫の仕入れは避けてます。」(4件)

1件は探せますって答えやったけど、それでも依頼がないと仕入れへんって。

「オッドアイの猫」ってペットショップでは、まず販売してへんって答えが多かったんよ。

販売せーへんのは、なんでか?理由を聞いてみた

理由は、あまり好まれへん、印象が悪いからなんやて。

オッドアイを神秘的って思う人もいはるけど、逆に不気味、なんか問題があるんちゃうかって思わはる人の方が多いんやて。

これは、意外やったわ。

 

オッドアイの猫ってもっと人気あるんやと思ってた。

人気あるどころか、避けられてたんや・・・

不気味なんかぁ~。

ま、そう思わはる人も多いってゆーことやね。

 

それにペットショップでは、ほぼ純血の品種を販売してはるし、純血+オッドアイってことになるもんね。

5件とも「種類は?」って聞かれたもん。

 

スポンサーリンク

 

オッドアイは品種やなくて目の色が違うっていうことやから。

ペットショップで販売してはる猫って、やっぱり純血の猫が多いやん。

アメショーとか、スコティッシュフォールドとか、シャムとか・・・・

MIXでもアメショーXペルシャとかで、純血X純血。

そやないのんはほとんどいいひんやん。

そうなると、純血でたまたま生まれたオッドアイを探すことになるから、難しいって。

ただ、探して欲しいって依頼を受けて、見つけてペットショップが仕入れても、イメージと違うなんて言われてしもたら、その後売れへんよーになったら困るしペットショップでは、探して欲しいって言われても仕入れへんってとこもあったよ。

あえて避けてるってペットショップの店長さんに、話を聞いたら15年くらいペットショップにいてるけど今までに1匹しか見たことないって。

オッドアイの猫を避ける理由は、好まれへんのと健全な状態で販売してるし、販売後の保証ができひんからやって。

オッドアイの原因については、オッドアイ猫の生まれる原因と確率 耳が聞こえない聴覚障害がある?

万が一販売されるなら値段は?

「もし、ペットショップで売られるとしたら、価格はどうですか?」

「珍しい猫やし、販売価格は高くなります。」

猫の種類にもよるけど、同じ色の目の普通の猫よりは高くなるってとこがほとんどやったよ。

あるところでは、ほんまはお安いはず。

そやけど珍しいから欲しいって、あなたみたいな人がいてそうゆー需要が、お高くなる理由やと。

 

これも意外やった。

好まれてへんのに、高いんや・・・なんか矛盾してると思わへん。

ま、ほとんどのペットショップでは販売(仕入れ)せーへんらしいけど。

ペットショップで販売してないならどうやって入手する?

仕入れもせーへん、いても高いんやったら、オッドアイの猫ってどうやって、手に入れるん?って思うよね。

 

我が家のオッドアイ猫たちは、東日本大震災の被災地で保護された猫やねん。

保護活動をしてはる人が、ブログで里親探ししてはってん。

そこに連絡をとって、譲ってもらったんよ。

 

意外に多いのがネットでの里親サイトでの募集やと思うよ。

根気よく「白猫」、「オッドアイ」をチェックが一番いいと思うわ。

それに無料で譲ってもらえることが多いよ。

ただ、やっぱり、人気はあるんですぐ決まってしまうねん。

タイミングと運やと思うわ。

ほとんど、猫を引き渡す時は連れてきてくれはるんで、保護したはる地域に近い人に譲らはる場合が多いと思うよ。

里親制度で譲ってもらう ⇒「我が家の猫族たち

野良猫にも意外といる?

あとは、野良猫の中にもオッドアイが普通にいるよ。

白猫に多いんで、白猫をよく見てみて。

近くにいるかもしれへんよ。

野良を保護するんは、なかなか難しいと思うけど、子猫やったら保護できるかもしれへんね。

私の親戚の家は、捨てられてた白猫を保護したらオッドアイやったって。

そやし、めちゃくちゃ珍しいってわけやなさそうな気もするなぁ。

珍しいし人気もあるオッドアイの猫やねんけど、青い目の方の耳が聞こえへんかもしれへんよ。

聴覚障害があるかもしれへんってこともわかった上で、飼えるかどうか考えてみてほしいな。

 

まとめ

ペットショップにいろいろ聞いた結果、と私の経験から。

 

・オッドアイ猫は、ペットショップでは販売してへん。

・探してもらったとしても、純血の猫のオッドアイ猫になるんで、純血の猫+αの価格になる。

・里親制度で譲ってもらうのが無料、見つかりやすい

・野良にもいる可能性があるんで、子猫なら保護するのも一つの手かな。

 

オッドアイ猫を飼いたい人は参考にしてみてね。

 

オッドアイの原因については、オッドアイ猫の生まれる原因と確率 耳が聞こえない聴覚障害がある?

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はっぴーあくま

はっぴーあくまです。 猫大好き、今は黒猫2匹と白猫(オッドアイ)2匹、4匹と一緒に暮らしてるんよ。母親らしくないっていつも言われるこどもっぽい私。これでも高2と中3の2人の娘がいる40代の悩み多き?ワーキングマザーです。 ドリカムの歌が大好きで今日もドリカムの世界に浸ってます。