「とと姉ちゃん」 あらすじ&感想 第7週 5月16日~21日まとめ

5月16日~21日 放送分 とと姉ちゃん 「常子、ビジネスに挑戦する」

この週の「とと姉ちゃん」のお話をまとめて振り返るよ。

見逃して今から見ようとする人は、ネタバレになってしまうので、注意!

スポンサーリンク

あらすじ

前回までは、小橋家の君子と滝子の話が中心やったけど、仲直りしたんよ。

この第7週は、常子が初めてビジネスに挑戦する話やねん。

担任の東堂先生、平塚らいてうに影響を受け、女性だからと尻込みしないで挑戦することが大切との教えから、自ら事業で収入を得ようとしはるねん。

何の事業をするか・・・人の役にたつものを販売しようと思いついたのが、歯槽膿漏に効くとゆう星野から聞いた練り歯磨。

何度も失敗を重ね、やっと商品にできる練り歯磨きが完成。

そこへ、叔父の鉄郎が加わり販売することに。

調子よく、完売するんやけど借金取りに追われてる鉄郎。

その借金取りに見つかり、売り上げを全部取られるだけやなく、練り歯磨きを売価より安く買い取るっていうとんでもない約束をさせられてしまう。

そして、鉄郎は置手紙を残して逃げてしまう。

 

見どころ

今週は、常子の担任として東堂先生(片桐はいり)が登場。

かなり濃いキャラでインパクト大!!(みものですよ)

そしてお話では、常子は新たな挑戦に猪突猛進、一方鞠子は悩みをなかんか打ち明けられず。

そんな鞠子の様子を見守ってほしいな。また、東堂先生の圧倒的存在感をたっぷり楽しんでほしい。

鞠子の悩み事を知った常子は、とと姉ちゃんとして、力を発揮しようとするんよ。

そやけど、叔父の鉄郎が加わり、成功しそうな事業も・・・プラスマイナス0どころかマイナスになってしまうねん。

やっぱり、鉄郎は小橋家にとって災いの元やってん。

 

毎回の詳しいあらすじ&感想はこちらからどうぞ。

 

「とと姉ちゃん」 あらすじ&感想 第7週 5月16日放送

「とと姉ちゃん」 あらすじ&感想 第7週 5月17日放送

「とと姉ちゃん」 あらすじ&感想 第7週 5月18日放送

「とと姉ちゃん」 あらすじ&感想 第7週 5月19日放送

「とと姉ちゃん」 あらすじ&感想 第7週 5月20日放送

「とと姉ちゃん」 あらすじ&感想 第7週 5月21日放送

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はっぴーあくま

はっぴーあくまです。 猫大好き、今は黒猫2匹と白猫(オッドアイ)2匹、4匹と一緒に暮らしてるんよ。母親らしくないっていつも言われるこどもっぽい私。これでも高2と中3の2人の娘がいる40代の悩み多き?ワーキングマザーです。 ドリカムの歌が大好きで今日もドリカムの世界に浸ってます。