「とと姉ちゃん」 あらすじ&感想 第8週 5月24日放送

5月23日放送 とと姉ちゃん 「常子職業婦人になる」

この日のとと姉ちゃんのお話を振り返りながら、思ったこと(突っ込みあり)を書いていくよ。

見逃して今から見ようとする人は、ネタバレになってしまうので、注意!

あらすじ&感想

常子が考えたアルミ製のチューブにに入った練り歯磨きが、破裂しはじめたんよ。

そこへやってきた星野から練り歯磨きとアルミニウムが化学反応を起こしガスが発生して、破裂したんやと教えてくれたよ。

ようやく破裂がおさまり、常子はフフフと笑って、「失敗しちゃいまいた(笑)」

みんなの顔は練り歯磨きが飛んですごいことになってたんよ。

それでも、「こっけいだね~」って笑い飛ばしてはるねん。

 

え?「失敗しちゃいました」って常子~。

笑ってる場合やないと思うねんけどなっ。

店も歯磨きが飛んで、めちゃくちゃになってるのにみんな笑い飛ばしてるって。

とってもコミカルに描かれてるからか、お気楽やな~って思ってしもたわ。

で、歯磨き事業はどうなるん?

 

ナレーション

失敗はしましたが、常子は後悔してませんでした。歯磨き作りに夢中になった1か月はそれはそれは刺激的な日々だったのです。

 

そりゃ後悔はしてへんやろ。やりたいことやりたいようにやったんやから。

今じゃ、まわりをこんなに巻き込んで、簡単には挑戦できひんし、失敗しちゃいましたなんて言ってられへんよ。

16歳でこんなことしてたんやから、そりゃ刺激的なんかも。

 

鉄郎が帰ってきました。

方々、頼んで借金の返済にあてるお金を集めて、持って来はってん。

「もう、お前らには迷惑かけねえよ」

そやけど、滝子のおかげで借金の返済をせんでもよくなっててん。

なぁ~んだと再び、鉄郎は出ていくんよ。

 

みんな戻ってこーへんと思ってたのに、お金ちゃんと用意して戻って来はったね。

時すでに遅しやったけど、ちゃんとお金用意して戻ってきた鉄郎。

ちょこっと見直しました。

今日も古い洋服に腹巻。頑張ってかき集めたんやろな~。

なんやかんやゆうて、歯磨き事業の資金を調達してきたり、借金を返すお金を調達してきはる。

ってことは、仲間たちからの信頼があついのかもしれへんなって思ったよ。

フラフラしててダメ男感が満載やけど、実はそれだけの男ではないのかもしれへん。

信頼も厚いし、ビジネスのセンスも実はあるのあもしれへん。

今後は、小橋家にどう関わってきはるんか興味あるよね。

借金取りは滝子が追い払ったけど、それで借金はチャラ?

返さんでもえーようになったって、あの借金取りがもっと怖い人を連れてきたら?なんて考えたらあかんよね(^^;

 

スポンサーリンク

 

常子は、鞠子に歯磨き事業で儲けたお金を、進学のお金にあてようと思ってたのに、ごめんねと謝るねん。

君子は、学費のことで賛成できひんって。

常子は私が何とかするっていうねんけど、君子はお金を稼ぐということは容易なことやないって、難色を示さはるねん。

 

確かに、今でも学費を滝子に援助してもらってるはずやしね。

さらに、大学進学ってなったら、もっとお金がいるはずやもん。

君子は、竹蔵が亡くなって子供たちを養うため働いても、思うように生活できひんことを、東京で仕事を探した時もなかなか見つからず、大変な思いをしてはるからこそ、こう言わはったんちゃうかな。

きっと私が君子の立場でも同じように思うやろうなって。

 

鞠子はもっと勉強したいっていう強い気持ちを伝えるねん。

常子も私からも鞠ちゃんの夢を叶えさせてあげてくださいってかかにお願いしはってん。

君子は、いつもみんなに合わせてばかりの鞠子がこんなわがままいうなんて、ほんと初めて。

鞠子の熱意に心動かされ、常子が仕事に就くことを条件に許さはるんよ。

 

ずっと、自分の中に押し込めてた夢をやっとかかや常子に伝えることができてん。

ほんで、許しまでもらえてん。よかったやん、鞠ちゃん。

 

「頑張ってお給金いい勤め先みつけないと~、歯磨きづくりも終わっちゃったし・・・」

 

さぁ、これから常子がお給料のいい仕事を見つけなあかんし、大変。

って、歯磨き事業はチューブが破裂して終わりなん?

評判よかったのに、人のためになるもん作りたいって言ってたのに、こんなに簡単んに諦めるん?

せっかくここまでやってきたのに、簡単にあきらめんと、改良したりせーへんのんって思ったんは私だけ?

 

このチューブ入り歯磨き破裂事件は、実話らしいよ。

そやけど、大橋鎭子さんはここで諦めてへんねんて。

新たな容器を注文し、商品を完成させたんやて。

でも、練り歯磨き事業の大口出資者が撤退してしもて結局、失敗に終わってんて。

 

常子は東堂先生に、事業を興すより堅実な就職をしたいのでいい就職先を紹介して欲しいって相談しはるねん。

東堂先生からタイピストの推薦枠が空いたことを聞かされ、常子はその仕事がしたいって懇願しはるんよ。

タイピストの推薦は技術がある方対象でタイプライターの技術を習得せなあかんかってん。

並みの努力では無理、東堂先生自身も苦しんだらしい。

常子に覚悟があるかと聞かはるねん。

「はい」って答えた常子は東堂先生の厳しい和文タイプライターの指導が始まってん。

いいお給金やからとタイピストに飛びついた常子やけど、試練の日々が始まっってん。

 

出ました、東堂先生。

今回もまた存在感たっぷりやん。

片桐はいりと常子のテンポ良い会話が楽しいよね。

常子の覚悟と東堂先生自身の覚悟を確認しあったように見えたわ。

東堂先生もタイプライターで苦しんだから、常子の覚悟を確認してその常子に教える覚悟を東堂先生自らしはったんちゃうかな。

ほんで、推薦してもらえるよう常子にタイピング技術を習得させる特訓が始まってん。

ひらがな、カタカナ、常用漢字などで2273文字もある和文タイプってすごい・・・

やっぱり、いろんな文字を使う日本語って難しいと思うわ。

2273字の配列を暗記するなんて大変!!

常子、頑張れ~!!

 

明日がまた楽しみやね。

 

前回⇒「とと姉ちゃん」5月23日放送分 次回⇒「とと姉ちゃん」5月25日放送分

「とと姉ちゃん」の主題歌 ⇒宇多田ヒカル「花束を君に」の意味を考える

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はっぴーあくま

はっぴーあくまです。 猫大好き、今は黒猫2匹と白猫(オッドアイ)2匹、4匹と一緒に暮らしてるんよ。母親らしくないっていつも言われるこどもっぽい私。これでも高2と中3の2人の娘がいる40代の悩み多き?ワーキングマザーです。 ドリカムの歌が大好きで今日もドリカムの世界に浸ってます。