「とと姉ちゃん」 あらすじ&感想 第9週 5月31日放送

5月31日放送 とと姉ちゃん 「常子初任給をもらう」

この日のとと姉ちゃんのお話を振り返りながら、思ったこと(突っ込みあり)を書いていくよ。

見逃して今から見ようとする人は、ネタバレになってしまうので、注意!

あらすじ&感想

常子は、男性社員から依頼された仕事を初仕事って思って、一生懸命やるねん。

そやけど、大量の書類整理は残業しても終わらへんかってん。

ほんでできひんかった分を家に持って帰って、書類の整理を続けはるねん。

なかなか終わらへんくて、結局一睡もせんと朝早くに会社に行くことになってん。

早速、タイプライターで清書しようとするねんけど、早乙女が「清書するのは勝手ですが、タイプライターの使用は許可できません」

なぜかと常子が聞くと、「私が使用するからです」って言わはるねん。
常子は、自分が引き受けた仕事で4時までにタイプライターで清書しなあかんって言うねんけど、早乙女は、「それは我々の仕事ではありません」

「個人的に依頼された書類の清書は仕事とは言えません。会議のための書類整理や準備は、男性社員行うべき仕事。それを私たちにやらせるのは、信頼しているからではなく、雑用係だと思っているからです!」って言わはるんよ。

では、「どうすれば?」「そんなものすぐ突き返してらっしゃい!」って他のタイピストに言われてしまうねん。

そやけど、早乙女は「それは違います。一旦、引き受けた仕事を途中で投げ出すのはよくありません。あなたの責任において自分で何とかしてください。我々の信用が失われますから。」って厳しいことを言われるねん。

 

やっぱり、常子は仕事もらえへんからって、余計なことをしてしまったんやね。

でも、それが余計なことかどうか、なぜ仕事やないんか常子には、まだわからへんみたい。

常子のしてるのは浄書室の仕事やないから、タイプライターは使用できません。って言われたのに、責任を持ってやりなさいって言われると、タイプライターを使いたいって言う常子。

タイプライターを使わずに何とかしてくださいって言われてしまうねん。

早乙女の言ってることが理解できひんみたい。

最初は、常子に意地悪でタイプライターを使わせへんようにしてはるんかと思ったんやど、ちごたね。

早乙女さん、立派。自分たちの立場を守ってはるんやね。

そんなものすぐ突き返してきなさいって言うたタイピストは、意地悪してるようにしか思えへんけど、早乙女は、一旦引き受けた仕事は最後まで自分で考えてやり遂げなさい。って確かにそうやわ。

一旦、引き受けて途中で突き返したら、タイピストたちの評判落ちると思うわ。

確かに、タイピストとして雇われてるねんから、タイプすることが仕事。

それ以外の仕事を手伝ってしまったら、どんどん雑用が回って来るかもしれへん。

早乙女は、常子にタイピストとしてのプライドを持ちなさいって言ってはる気がする。

ちゃんと、入社した時にいろいろ教えてあげて欲しかったなぁ~。

職業婦人も珍しく、その中でも花形のタイピストやしプライドも大切やもんね。

 

「どうしたもんじゃろのぉ~」

約束の時間がせまってくるし、タイプライターは使えへん。

常子は、タイプライターがなくても清書はできるって開き直って、手書きで聖書をすることにしはってん。

約束の4時前、美子も鞠子も、君子も心配してはるねん。

早乙女も気にしている様子。

 

やっぱり早乙女も気にしてくれてはるんやね。

常子がどうやって何とかするのか・・・気にして見てたと思うねん。

できるかできひんかで、浄書室の評判が落ちることにもなるしね。

 

常子はなんとか数分前に書類の清書を完成させはってん。

急いで依頼してきた男性社員のもとへ清書した書類を届けるねん。

しかし・・・一生懸命仕上げた書類に目もくれず、「はいはい、そこに置いといて」って言われてしまうねん。

常子は、愕然としてしまうんよ。

早乙女が言った雑用にしか思われてへんっていうのが、正しいんやろかって考えてしまうねん。

 

早乙女は、単なるイジメをしてはったわけやないねんな。

会社という組織での仕事のやり方、心構え、自分たちの立場(プライド)を伝えたかったのかもしれへん。

イジメやなくて教育してはったんかな。

常子が職業婦人として成長する様子を見守っていこうかな。

今週は「常子、初任給をもらう」がテーマやし、頑張る常子が初任給をもらうのを楽しみにしてるねん。

タイピストとしての仕事はこれからもまだまだ試練が待ってそうな気配やけど、職業婦人として成長していく常子が楽しみやね。

そうそう、とと姉ちゃんやけど8週連続週間視聴率20%超えを記録してんて、相変わらず好調やね~。

なんやかんかいうても、見始めたら気になるし、見てしまうんやろね。

 

前回⇒「とと姉ちゃん」5月30日放送分 次回⇒「とと姉ちゃん」6月1日放送分

「とと姉ちゃん」の主題歌⇒ 宇多田ヒカル「花束を君に」の意味を考える

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はっぴーあくま

はっぴーあくまです。 猫大好き、今は黒猫2匹と白猫(オッドアイ)2匹、4匹と一緒に暮らしてるんよ。母親らしくないっていつも言われるこどもっぽい私。これでも高2と中3の2人の娘がいる40代の悩み多き?ワーキングマザーです。 ドリカムの歌が大好きで今日もドリカムの世界に浸ってます。