「とと姉ちゃん」 あらすじ&感想 第9週 6月4日放送

6月4日放送 とと姉ちゃん 「常子初任給をもらう」

この日のとと姉ちゃんのお話を振り返りながら、思ったこと(突っ込みあり)を書いていくよ。

見逃して今から見ようとする人は、ネタバレになってしまうので、注意!

あらすじ&感想

昭和14年10月(常子が就職して2年半が経過)

常子がタイピストになって、2年半。

今では、大きな戦力として認められる存在になってはるねん。

同僚の諸橋、多田から続けて仕事を頼まれ、少し常子は困惑しはるねんけど、早乙女に「小橋さんなら間に合うでしょ?」と言われると笑顔でうなづかはるねん。

 

2年半経って常子は仕事が順調な様子でよかった。

入社当時のイジメはなんやったんやろ?って思うよね。

常子の仕事のやり方は男性社員に認められ、そんな常子を同僚も認めはるようになったんやろね。

ほんで、タイピストとしてのスキルもずいぶんUPしていったんやろうね。

 

帝都女子大に進学した鞠子は、早稲田大学の文学研究会で満たされた時間をすごしてるんよ。

女学校に進学した美子は、勉強は得意やないようやねん。

そやけどお裁縫が得意で青柳商店で男衆の縫物の手伝いをして、充実した時間を過ごす場所を見つけてはってん。

昭和14年9月、ヨーロッパで第二次世界大戦が勃発。

日本では日中戦争の打開のために、「国家総動員法」が成立し戦時に際した人、物の国家統制が進んでてん。

暗い時代の足音は常子たちの暮らしに迫ってきててん。

そんな中、森田屋では食材が手に入りにくくなったため「松」弁当を中止し、「竹」弁当だけの販売にすることにしはってん。

君子が木材(青柳商店)のことを心配やと言うたら、美子がみんな深刻そうに話しをしてたって。

常子は、美子に縫物をしに青柳商店に行ってばかりいずに、勉強しなさいって注意しはるねん。

 

無事、鞠子も大学、美子も女学校へ進学しはってんな。

職業婦人になった常子が一家を支えるようになったんやろけど、職業婦人の花形タイピストと言っても、男性社員の半分しかないっていうお給料で妹を大学へ行かせたり、女学校へ行かせたりできるんかな?

そこは、ちょっと腑に落ちひんけど。

まぁ、ドラマやししゃーないか。
とうとう、戦争が始まってしまい庶民の生活にも少しずつ影響が出てきたみたい。

森田屋のまつさんの言う通り、ここがガンマンのしどきかもしれへんね。

 

ある日曜日、星野は甘味処で常子を待ってはってん。

今日話すことが書いてあるノートを見て、緊張して待ってはるみたい。

 

ノートに今日話す(したい)内容が出来事って箇条書きに書いてあるねん。

几帳面は星野らしいと思わへん。

 

この日は、「弟からの葉書」「今日こそ常子さんに必ず伝える」って書かれててん。

ほんで、「よし」って今日こそ・・・

 

前回のところにも「常子さんに必ず伝える」って書いてあるねん。

前々回には、「常子さんに想いを伝える」って書いてある。

とうとう、想いを伝えようとしてはるねんや、でも言い出せへんみたい。

星野と常子は定期的に会ってお互いの近況を報告しあうんがずっと続いてたんやね。

 

常子が遅れてやってくるねん。

二人はいつものお汁粉を頼み、報告会が始まってん。

 

いつもおんなじ甘味処での報告会。

常連さんっぽく「あれを二つ」ってお汁粉を星野が頼んでたやん。

ノートに出来事を書いてるのは、星野だけちゃうやん。

常子もノートを持ってはる。

ほんで、二人とも楽しそうやわ。

いい感じのお付き合いをしてるっぽいよね。

星野は弟から葉書が届いた話をしはるんよ。

もう一つ、伝えたいことは結局言い出せへんままノートを閉じてしまうねん。

 

スポンサーリンク

 

ずっと前から想いを伝えようって決心してるのに、言えへんのか~。

想いを伝えようとしはった何かきっかけがあったんやろか?

2年半も経ってるしやっぱりきっかけがないとって思うんやけど、特に奥手な星野のことやからなぁ~。

気になるなぁ~。

 

店を出て、一緒に歩いてると、スーツを着た男性に突然、「きさまら!時局を何と心得る」って怒鳴られるねん。

ほんで「乳繰り合い風紀を乱し恥ずかしいと思わんか!」って言われてしまうねん。

星野は、必死で常子を守ろうって思い、常子の前に立ち、必死に反論しはるねん。

男性は「もういい!」って去って行かはるねん。

星野は、「常子さんを守れてよかった」って言わはるんよ。

常子は、「私もよかったです。頼もしい星野さんを見ることができて・・・」って。

常子は家に帰ると一人で思い出し笑い?不気味な笑みを浮かべてるねん。

 

やっと、常子も星野に対する気持ちに気付いてきたんかな。

守ってもらえて、嬉しそうにしてはるもんね。

定期的に甘味処で会うようになって2年半やもんな。

それまで何もなく、ただ定期的に会ってただけなん?

こんなことでもないと常子は星野の気持ちに気づかへんかったんやろか。

星野も奥手やな~、常子を女性として意識し始めて、2年半も経ってるのにね。

これで、二人の関係が進んでいくんかな?

 

下宿先に帰宅した星野に電話がかかってくるねん。

星野は「申し訳ありません。もう少しだけお時間ください。まだ決心がつかないんです。」って言うてはるねん。

ナレーション

この時はまだ人生を左右する大きな決断を迫られることに常子は気付いていませんでした。

 

どうやら「決心がつかない」と「常子に想いを伝える」が関係してそうやね。

ほんで、常子が人生を左右される決断を迫られるってことかぁ~。

今日から、美子の女学校時代で女優さんが杉咲花さんに変わったよね。

これからのよっちゃんが楽しみやね。

杉咲花さんと言えば、ぐっさん(山口智充)との味の素回鍋肉のCMでの食べっぷりを思い出すんは私だけ?

とにかくかわいい女優さんやんね。

 

来週の予告は気になるよね~。

星野は常子にプロポーズしはるんや!!

それにしてもいきなり、結婚してくださいなんやろか?

想いを伝えるって「好き」って言うってことだけやないんや。

でも、星野とお別れってことみたいやし、どっかへ行ってしまうんや、きっと。

そやから、いきなり告白やなくて結婚してくださいってプロポーズになったんやね。

でも、汽車に乗って手を振ってたってことは、、、、、

 

来週は職場のこと、美子とのことが話題やね。

でも、一番は来週のテーマでもある「プロポーズ」やろ。

気になる気になる~。

楽しみやね。

 

次回⇒「とと姉ちゃん」6月6日放送分

「とと姉ちゃん」の主題歌 ⇒宇多田ヒカル「花束を君に」の意味を考える

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はっぴーあくま

はっぴーあくまです。 猫大好き、今は黒猫2匹と白猫(オッドアイ)2匹、4匹と一緒に暮らしてるんよ。母親らしくないっていつも言われるこどもっぽい私。これでも高2と中3の2人の娘がいる40代の悩み多き?ワーキングマザーです。 ドリカムの歌が大好きで今日もドリカムの世界に浸ってます。