中3 初めての進路希望調査と三者面談

お姉ちゃんが中3、そう受験生になって今の学校に行くまでの昨年のお話。

1学期の終わりの三者面談で提出した進路希望について話をされた。

夢まじりの進路希望

第1希望・・・留学

第2希望・・・TD高校

第3希望・・・HU高校

留学って、そうカナダとかオーストラリアとかの高校へ行きたいって言うねん。

そんなお金ないわって、ゆうてもなかなか通じひん。

そやから、そのまま(自分の思う通り)に書いて提出させてん。
先生:留学って高校留学?

お姉ちゃん:うん

先生:英語の先生とも話たんやけど、高校からはちょっと早いんちゃうかって。

お姉ちゃん:・・・

母:経済的にも余裕がないので、お金を貯めて自分で行って欲しいって思ってます。

先生:そうですね。まだ先いくらでも行くチャンスはあると思います。高校は日本の高校でておいたら?

 

とりあえず、英語が得意で英語がもっとできるようになりたいらしい。

初めての進路希望懇談はサラッと終わってん。

留学して何するの?

高校留学の件は、何度か本人からも言われてたんやけど、ちょっと今の段階で行くのは早すぎるという先生と同じ意見やねん。

それに経済的にもン百万の世界。

我が家には、失敗してもいいから行っておいでなんてお金の余裕はない。

それに、高校は日本の高校をでてないと高卒にはならへんし、もし合わへんかって戻ってきたら、中卒になるやん。

それは避けたいという気持ちがあった。

何かになりたくて、どうしてもそれを早いうちから海外で学びたいんやってものがあるわけやないし。

単に、海外での学校、生活に憧れてるだけにしか見えへんかってん。

私も海外には憧れてた。

高校の時に留学したいと親に言った記憶があるねん。

そやし、気持ちはわかるけどね。

その時、私も同じように親に自分でお金ためていきなさいって言われたなぁ。

でも、今みたいにインターネットが普及してるわけやなかったから、本で調べて英語で現地大学に資料請求して調べたりしてたわ。

うちの娘にも自分で調べてみなさいって行ったけど、ネットでちょこちょこって調べて「オーストラリア400万」って言って来てん。

何が400万?という質問にもきちんと答えられへんくらいやった。

授業料だけでいいと思ってるところが怖い。

生活費がかかるやん。って言うたら、日本での生活費がなくなるんやからそれは出せるやん。

へ?ホームステイ、寮に入るにせよ住まいにお金がかることは、どう説明しても納得してもらえへんかった。

私は、こんな甘い考えで留学させる気にはならへんかった。

いつでも留学はできるからと日本の高校進学をすすめてん。

現実を見て高校探し(京都)

できれば公立高校へ行ってほしい。

英語をもっと勉強したいなら、英語コースみたいなのがある高校。

 

京都の公立高校は通学圏で行ける高校が決まるねん。

英語の専門コースがある高校は意外と少ない。

通学圏では、HU高校1校しかあらへんかった。

さぁ、志望高校を決めていかなあかん。

高校の学校案内をみて、探してみるけど、娘は行きたい高校がないと嘆いて、全然高校が決まらへん。

親としては、とっても心配になる。

非現実的な留学、それも行きたい高校がないからって・・・

私も京都のいろいろな高校の情報を集めることにしてん。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はっぴーあくま

はっぴーあくまです。 猫大好き、今は黒猫2匹と白猫(オッドアイ)2匹、4匹と一緒に暮らしてるんよ。母親らしくないっていつも言われるこどもっぽい私。これでも高2と中3の2人の娘がいる40代の悩み多き?ワーキングマザーです。 ドリカムの歌が大好きで今日もドリカムの世界に浸ってます。