金属アレルギーになりにくいピアスの素材一覧

ピアスをしようと思って開ける前に気になるのが、金属アレルギーやないかな。

金属アレルギーやったら、つけられるピアスが限られてしまうしって。

ピアスは、金属アレルギーを起こしやすいって知ってる?

ファーストピアスは傷に金属が触れてる状態やしね。

一度その金属にアレルギー反応を起こしてしもたら、その後も反応し続けてしまう可能性が高いねん。

ちなみに金属アレルギーを起こしやすい金属は、ニッケル、コバルト、クロム、銅、亜鉛、真鍮、水銀、バラジウム、錫(すず)など

ピアスでおしゃれを楽しむためにも、肌が弱い人、金属アレルギーが心配な人、ピアスホールの状態が良くない人、ピアスをつけてかゆくなったことがある人は、なるべくアレルギーの起こりにくい素材で出来たピアスを選んでつけるんがいいと思うよ。

ここでは、金属アレルギーを起こしにくいって言われてる素材を紹介するよ。

※すべての人にアレルギーが起こらないわけやないよ。合わへん場合はすぐに使用をやめて下さいね。

金属にかぶれたら、早めにその金属を身につけへんようにすることが大切やしね。

樹脂

樹脂は、金属やなくてプラスチック(ポリプロピレン)やし、金属アレルギーの人でも大丈夫な素材やねん。

透明ピアスとしても知られてるよね。

プラスチックやから安全なんかっていうと、そうやないねん。

注意としては、プラスチックやしやっぱり弱いねん。ポストが曲がったり、ポスト表面に傷がつきやすいねん。

そこに汚れが溜まって雑菌が繁殖しやすいねん。衛生的な面であまりおすすめはできひんかな。

樹脂ピアス(金属アレルギーがない)やからって言うて付け続けてたらトラブルの原因になることあるねん。

それに金属やないしって放置してたら樹脂ピアスは汚れを吸収する性質もあるみたい。

そやから、ファーストピアスには向かへんよ。

ピアスホールがしっかり形成されてから使うようにしなあかんと思うよ。

最初(ファーストピアス)から透明ピアスを使うんはおすすめできひんよ。

樹脂を使ったピアスは種類が豊富やし安価で、取扱いのある店舗も多いよね。

私も平日は、樹脂ピアス愛用してるんよ。

キャッチが若干外れやすいんと、やっぱりポストが曲がりやすいんが、欠点かな。

あと、注意としてはポストが太めにできているものが多いんで、ホールが小さめのやとキツイかもしれへん(^^;

安いので、ある程度消耗品と思ってるといいんかもしれへん。

Lilasより

チタン

チタンは人体に最も優しい金属と言われてて、インプラントやペースメーカーの医療器具の素材として体内にも埋め込めはるんよ。

純度99.485%と最も純度が高く、アレルギーの原因になる金属イオンが汗で溶けだす心配が少ないんで最もアレルギーになりにくいねん。

純チタン製ピアスは加工のしやすさの理由から純度100%ではないねん。

稀やけどその他に含まれる合金が反応することが考えられるよ。

ピアスによってはピアスポストのみがチタンのものがあるし注意しなあかんねん。

ポストがチタンやからってデザイン自体やキャッチの素材がアレルギー反応を起こす素材やと意味がないよね。

 

スポンサーリンク

サージカル(医療用)ステンレス 

一般的に医療用の工具(メス・ハサミなど)に使用されれていることから、サージカルステンレスって言われてるねん。

サージカルステンレスは、サビにくく、腐食や酸化・熱に強いなど、優れた特性を持つ特殊なステンレスやねん。

最近のジュエリー業界で最も注目されている新素材で、サージカルステンレスはJIS規格で「SUS316L」って呼ばれ、ステンレスの中でもアレルギー性の極めて低い素材やねん。

金属アレルギーの原因である金属イオンが溶け出さへんため、金属アレルギーを引き起こしにくいって言われてるんよ。

アクセサリーやジュエリーで主に使用される金属の中では、「サージカルステンレス」が最も硬い性質を持っているねん。

シルバー

最近では銀イオンに殺菌力効果があるって言われ、抗菌剤としても期待されてるねん。

シルバーアクセサリーはすぐ黒ずむ(変色)、金属アレルギーになる、これらの原因は銀やなくて、ほとんどの原因が「混ぜ合わせた金属」にあるんよ。

純度の高い銀素材は、アレルギーになりにくって言われてるんよ。

プラチナ

本来プラチナはイオン化傾向が低い金属元素なんで、純プラチナであれば汗に溶け出すことが少なく、金属アレルギーの心配が少ない金属やねん。

宝飾品に用いられるプラチナにはパラジウムが混ぜてあるねん。

一般にPt900(ピーティー900)って呼ばれる(指輪の裏側に刻印されてる)プラチナは、プラチナが900、パラジウムが100の割合で混ぜられたプラチナ合金のことを指すISO表示やねん。

パラジウムは、純粋な状態では柔らかすぎるプラチナを硬くするために混ぜてあるんやけど、このプラチナに混ぜられたパラジウムが金属アレルギーの原因になることが多いねん。

アレルギーパッチテストを行なっても、プラチナにはアレルギー反応がでーへんでも、パラジウムに反応が出る人は多いみたい。

ゴールド

残念ながら、18金は、ピアスホールの具合が悪い時に付けたら、アレルギーになる可能性が比較的高いようやねん。

金は純粋な状態では柔らかすぎるんで、銅を入れて硬くしてるねん。

この金に混ぜられた銅が金属アレルギーを引き起こしてしまうねん。

18金には、銅が12.5%も混ぜてあるんやで。(金が18、銀が3、銅が3の24分率)

ちなみにホワイトゴールドも、プラチナに見た目が似た金合金の一種やねんけど、金にパラジウムを混ぜた合金なんで、やっぱりこれもパラジウムが金属アレルギーの原因にな場合があるねん。(ホワイトゴールドは、金14:パラジウム10の割合の合金)

まとめ

アレルギーを起こしやすい金属は、合金になってたりメッキされてることもあるんで注意が必要やねん。

アレルギーを起こしにくい素材ってゆうても、純度が低かったりしたらあかんしね。

金属やない樹脂でもつけっぱなしは、衛生的によくなかったり。

金属アレルギーってかゆくなったり、かぶれたりでわかるけど私の場合、合わない金属をつけたら、筋肉が歪むらしくてこれも一種の金属アレルギーですねって整体の先生に言われたことがあるんよ。

だから、普段仕事の日は小さい樹脂ピアス、お出かけする時や、休日はあまり気にせずピアスを楽しんでるよ。

ほんで夜には(帰ってきたら)外してるねん。

ポイントは、長時間つけっぱなしにしないことかな。

もちろん、ピアスホールの状態はいいと言う前提。

自分に合った素材のピアスでおしゃれを楽しんで欲しいな。

 

好きなデザインのピアスのフックをサージカルステンレス、樹脂、チタンに付け替え可能なお店のご紹介。

アレルギーが気になる人は、自分に合った素材を指定できるんよ。

Sacheより

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はっぴーあくま

はっぴーあくまです。 猫大好き、今は黒猫2匹と白猫(オッドアイ)2匹、4匹と一緒に暮らしてるんよ。母親らしくないっていつも言われるこどもっぽい私。これでも高2と中3の2人の娘がいる40代の悩み多き?ワーキングマザーです。 ドリカムの歌が大好きで今日もドリカムの世界に浸ってます。