昔話「3匹のこぶた」 こぶたの行為は殺人犯か?正当防衛か?

以前あった中3のムスメの授業参観のお話をするよ。今回は社会(公民)の授業で模擬裁判をするっていうので、興味があって行ってきたんよ。何の模擬裁判かっていうと、絵本で有名な「3匹のこぶた」の3男のこぶたが被告人やねん。

3男のこぶたが、煙突からおりてきたオオカミをぐつぐつ煮えた鍋に落とし、上から蓋をして殺してしまうっていう事件なんよ。

さぁ、こぶたの行為は殺人?か正当防衛か?裁判員になって判決を下してみようっていうものやってん。

実際裁判は行われてへんから、判決は自分たちで考えるっていう授業で答えはあらへんねんけど、なかなか面白い内容やったんで、紹介したいと思うよ。

「3匹のこぶた」の話を思い出して

長男こぶたはわらの家を造り、オオカミの息で吹き飛ばされ食べられてしまいました。二男こぶたは木の家を造り、オオカミの体当たりで家を壊され食べられてしまいました。

そんなウワサが村中に広がっていました。そして3男こぶたはレンガの家を造りました。
お兄さんこぶたの時と同じように、オオカミがやってきました。
レンガの家はオオカミの息でも体当たりでも壊れませんでした。

そして煙突からお前を食べてやると入ってくるのです。3男こぶたは暖炉に大きなお鍋で、お湯を沸かしていました。煙突から入ってきたオオカミは、大きなお鍋に落下します。そしてこぶたは鍋のふたをして、オオカミを殺してしまったのです。

ビジュアル公民2015(京都府版)より

検察官の主張

こぶたの行為は「殺人罪」である。

被告人は自分の兄2人がオオカミに、食べられてしまったというウワサを聞き、オオカミに恨みをもち、チャンスがあれば殺してやろうと思っていました。

平成○年3月15日、被告人はオオカミにお祭りに行こうと誘われました。被告人は、そこでオオカミをおこらせればエントツから家の中に入ってくるにちがいないと考え、暖炉でお湯を沸かす用意をしたうえで、約束の時間より前に1人でお祭りに行ってしまいました。

あとで自宅にやって来たオオカミを侮辱し、おこったオオカミが被告人の家のエントツから中に入ろうとするのを見て、暖炉の鍋のふたをとり、あらかじめ沸かしておいたお湯にオオカミを転落させ、すぐに鍋のふたを閉め、全身火傷を負わせて死亡させたものであります。

弁護人の主張

こぶたの行為は「無罪」である。

オオカミはこぶたにとって、どれほど恐ろしいものであったかということは、オオカミが被告人の兄弟である2人のこぶたを、食べてしまったことからも明らかです。
そのオオカミがお前を食べてやると言って、無理やり被告人の家に入ろうとしてきたのです。

オオカミこそ被告人の住居に侵入して、被告人を殺そうとしたのであります。

恐ろしいオオカミから自分の命を守ろうとしたのですから、もちろん正当防衛で無罪です。もし、被告人がそうしてなかったら、食べられていたのは被告人の方だったのです。

こぶたの主張

僕はレンガの家に住んでいるという安心感から、オオカミに「ドアは開けてやらないよ。悔しかったら入ってこいよ」と言いました。

オオカミはしばらく外で騒いでいたのですが、そのうち「エントツから降りてお前を食べてやる、殺してやる」と叫び、本当に屋根に登ってきたきたんです。

その時はもう生きた心地がしませんでした。オオカミがエントツから入ってくるなんて、想像もしていませんでしたから。

それで「どうしよう」と思い、暖炉をみると夕食に湯豆腐を食べようと思って、お湯を沸かしていたもんですから、とっさに鍋のふたを取ったんです。

オオカミをこの中に落としてやろうとか、そんなことを考えている余裕がありませんでした。でもふたを取ったとたん、オオカミが鍋の中に落ちてきたんです。

僕は「おこったオオカミが鍋の外に出てきたら殺されると」思い、夢中で鍋にふたをして、上から必死で押さえつけました。

オオカミの母親(証人)の主張

とても優しい息子でした。この憎たらしいこぶたに殺された日も、友達になったこぶたと一緒にお祭りに言って、こぶたに何か買ってあげると言って、家を出て言ったのです。

しかし、こぶたが家にいなかったので、仕方なく、1人でお祭りに息、とても悲しそうに帰ってきました。「ひょっとしたらこぶたは、病気で寝ていて返事ができなかったのかもしれないから、もう一度家に行って様子を見てくる」と言って家を出て行きました。

あんまり帰りが遅いので、心配になりこぶたの家に行ってみると、このこぶたが鍋の中に私の息子を入れて煮ていたのです。

刑法(犯罪や刑罰について定めている法律)

第199条(殺人罪)

人を殺した者は死刑・無期懲役または5年以上の懲役に処する。

第36条第1項(正当防衛)

急で不正な攻撃から自分または他人の権利を防衛するためにやむを得ずにした行為は罰しない。

第36条第2項(過剰防衛)

急で不正な攻撃から自分やまたは、他人の権利を防衛するためにした行為でも、防衛の程度を超えた行為(行きすぎた行為)は罰せられるが、事件の事情により刑を軽くしたり、免除することができる。

それぞれの主張を聞きあなたはどう思いましたか?

殺人犯だと思う

無罪だと思う

わからない

弁護人とこぶたのやり取りを見てみよう

弁護人:あなたは、なぜオオカミを誘いを無視して1人でお祭りに行ったのですか?

こぶた:僕を食べようとしているのがわかったからです。

弁護人:どうして自分を食べようとしているのがわかったのですか?

こぶた:以前、オオカミはうちに来て「こぶたちゃん。ここを開けておくれ」と言って家の中に入ってこようとしたことがあったんです。

僕が「めっそうもない」と言って断ると、「そうかい、それじゃふぅーふぅーのフゥーで家を吹き飛ばしちまうぞ」と言っていました。

でも僕の家はレンガで作ったものなので吹き飛ばすことはできませんでした。
オオカミのやり方は、村中でうわさになっている、兄2人を食べたやり方と全く同じです。

それからは、オオカミは僕を家の外に誘い出そうとして、一緒にリンゴを採りに行こうとか、いろいろ誘いをかけてくるようになったのです。

弁護人:なるほど。お祭りのあと、家に帰ってからまたオオカミがやって来たのですね。

こぶた:そうです。「オオカミはお祭りに行ってたら樽が転がってきてびっくりした」と僕に言いました。

僕もやめておけばいいのにレンガの家にいる安心感から、つい「樽の中に入って君を驚かせたのは、この僕さ。このくらいでびっくりするなんて。臆病なオオカミだね」などと言ってしまったのです。

でも樽に入ったのはオオカミを驚かせるためじゃなくて、家に帰る途中オオカミがやってくるのが見えたので、びっくりして樽に隠れたら、樽が転がってしまったんです。

弁護人:それを聞いたオオカミは怒ったでしょうね?

こぶた:それはもうカンカンになって怒りました。
あの時はもう生きた心地がしませんでしたし、オオカミが屋根のエントツから入ってくるなんて想像もしていませんでした。

検察官とこぶたのやり取りを見てみよう

検察官:あなたは、たまたまお湯を沸かしていたというんだけど、お湯を沸かし始めたのは何時頃ですか?

こぶた:5時より前だったかも。

検察官:どうしてそんな早い時間からお湯を沸かす必要があったのですか?夕食の用意をするにはまだ早いでしょう?

こぶた:それは、大きなお鍋にお湯をわかすのにはそれなりに時間がかかりますから。

検察官:そうですか。それなら湯豆腐を食べるためにどうしてそんなに大きなお鍋にお湯を沸かす必要があったんですか?
いったいどれだけたくさんの豆腐を入れるつもりだったんですか?あなたは一人暮らしでしょう?

こぶた:ええ、そうですけど、湯豆腐はたっぷりのお湯で作った方がおいしいですから。

検察官:そうですか。それで豆腐は買ってあったんですか?

こぶた:お祭りで買ってきました。

検察官:お祭りで?そうするとあなた豆腐を持ったまま樽の中に入って坂を転がったんですか?よく豆腐が崩れませんでしたね。

こぶた:いや、まあ、少しは崩れました。

検察官:「少し崩れました」ふらいでは済みますかね?それでその豆腐は食べたんですか?警察があなたの家に行った時は豆腐はなかったようですけど。

こぶた:はい。全部食べてしまいました。

検察官:鍋の中にはオオカミが落ちてしまったんでしょう。中に入っていた豆腐は外に飛び散るんじゃないですか。
だけれども暖炉の周囲には豆腐が飛び散っていませんでしたよ。本当は豆腐なんかはじめっから買ってなかったんじゃないですか?

こぶた:そんなことありません!!

 

最後の主張を見て自分の判決を下してみよう。

検察官の論告

まず被告人がオオカミを煮て死なせてしまったことは認めています。

そしてそれが正当防衛だったと主張しております。

しかし被告人はいつかオオカミを殺してやろうと思い、チャンスを待っていたのではないでしょうか。オオカミが被告人の家に侵入したことは、確かによくないことでした。

でも、それは被告人のワナにはまったのではないでしょうか?夕方早い時間からオオカミが入ってしまうくらい大きな鍋に、ぐらぐらとお湯が煮たっていることがあるのでしょうか。

また湯豆腐を作ろうとしたなら、もっと小さい鍋でよかったはずです。被告人はお祭りに行こうというオオカミの誘いを断ったため、オオカミがやってくることを予想して、お湯を沸かして待ちうけていたのです。

被告人はオオカミの攻撃を「思いがけない攻撃」ではなく予想していたのです。これでは正当防衛は成り立ちません。

被告人に殺人罪が成立することは明らかです。

弁護人の最終弁論

正当防衛が認められているのは、誰でも自分で自分の身を守る権利があるからです。

もしも、今回の行動が犯罪ならば、被告人はいったいどうすればよかったのでしょうか。オオカミが被告人を食べるために無理やり家の中に入ろうとしてきたら、逃げ出すべきだったのでしょうか。

そんなことをしてもすぐにオオカミに捕まっていたでしょう。オオカミはすでに被告人の兄2人を食べてしまったというのが村中のうわさです。

そして今度は被告人に狙いをつけ、いろいろな理由で家の外に誘いだそうとしていました。たとえこの日でなくとも、いつかオオカミはエントツから被告人の家の中に入ることを思いついたでしょう。

被告人はこぶたでありながら、勇敢にオオカミと戦ったのです。被告人がお湯を沸かしていたのはまったくそれもとんでもなく幸運の偶然でした。
検察が言うように被告人がオオカミの侵入を予想して対策をとっていたとしても、それでもやはり被告人には正当防衛が成立すると主張します。

そうでなければ、被告人に対して「お前は一生オオカミから逃げ回っていろ」ということになるのです。

被告人は家に入り込もうとしたオオカミから身を守るために、今回の行動に及んだのです。

つまり、オオカミが被告人の家に入り込もうとしなければ、今回の事件は起こらなかったのです。
こうなったのは、オオカミの自業自得としか言いようがありません。

被告人は正当防衛で無罪です。

裁判のポイント

こぶたの証言は信用できるか?

オオカミがこぶたの家に侵入したことは急な攻撃または不正な攻撃と言えるか?

こぶたがしたことは自分を守るための行為またはやむを得ない行為と言えるか?

あなたの最終判決は?

こぶたの行為は

無罪(正当防衛)

有罪だが、過剰防衛が成立

有罪で過剰防衛も成立しない

判決を出してみよう

ここまで見て聞いて、班で話し合って判決を出すって授業やったよ。6班あったんやけどみんなが「有罪」と判決を下してはったよ。

正当防衛はあてはまるんちゃうかって言うた班はあらへんかったよ。(量刑については難しいんでそこまで突っ込んでは授業でしはらへんかったよ。)

理由は、度が過ぎる、計画的やった、こぶたの証言が信用できひん、殺してしもたからなどやったよ。

実際、現在の法律で裁くとしたら、どうなると思う?

私もこぶたの証言が信用できひんし、鍋に落ちてきたオオカミをふたで押さえつけたっていうことは、殺意が見られるんで、無罪(正当防衛)にはならへんのちゃうかって思ったよ。

こんな見方をするとお話が違うものに、見えてきてしまうんは私だけやろか。

そやけど面白い題材で法律を学ぶんやなって思ったよ。この裁判の争点はなにか、どのような判決が妥当なのかなど、友だちや家族と一緒に話してみると面白いと思うねん。

このような昔話の出来事を現在の法律で、裁くとどうなるんかっていうドラマ「昔話法廷」をNHKが作ってはるねんよ。

他のお話の裁判もあるねん。興味のある人はそちらも見てちょうだいね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はっぴーあくま

はっぴーあくまです。 猫大好き、今は黒猫2匹と白猫(オッドアイ)2匹、4匹と一緒に暮らしてるんよ。母親らしくないっていつも言われるこどもっぽい私。これでも高2と中3の2人の娘がいる40代の悩み多き?ワーキングマザーです。 ドリカムの歌が大好きで今日もドリカムの世界に浸ってます。