寝つきをよくするために、アロマテラピー。でも、猫には危険!

うつには不眠の症状が必ずと言っていいほどついくるよね。

私がうつで入院した時に、看護師さんが「寝るときにアロマを試してみませんか?」って言うてくれはってん。

簡単にできるアロマテラピーの方法を紹介するよ。

アロマテラピーってとは香りを使って行う「芳香療法」のことやねん。

精神科の看護師さんたちもアロマテラピーを勉強してはって、アロマテラピーを取り入れてはるねん。

アロマオイルの良い香りで心身をリラックスさせて、寝つきをよくするってことやねん。

アロマが快眠に効果があることは有名やんね。アロマの香りは眠っているときにも効果を発揮するねん。

眠ってる間も脳は香りを感じ取るんで、眠りが深くなり、熟睡しやすくなるんよ。

アロマをうまく活用したら、不眠症の方でも安眠できるようになるかもしれへんね。

ぜひ好みのアロマを見つけて、不眠を解消しよう。

からだによい植物から抽出した、精油のよい香りを使用するねん。

香りを吸い込むと、脳の視床下部に伝わって、心身をリラックスさせてくれたり、不快な症状を軽減させてくれるねん。

簡単に芳香浴を楽しむ方法

カップなどにお湯を入れて、好みの精油を1~2滴落として部屋に置くねん。カップから部屋に漂う香りを楽しむことができるねん。

カップから直接においを嗅いで、楽しんでもいいんちゃうかな。深呼吸するようにゆっくり香りを吸い込んでもいいよね。

こんな風に精油さえあれば簡単香りを楽しむことができるねんけど、カップに入れたお湯は冷めやすいんで、市販のアロマポットやアロマライトを使ったら、長い香りを時間楽しむことができるよ。

簡単に寝つきをよくする方法

ラベンダーなどリラックス効果の高い精油を枕元に置き、寝室を香りに包む方法もあるよ。

そやけど、簡単にやるには、精油を1~2滴コットンやティッシュに含ませ枕元や枕カバーに入れて置くんが一番、簡単でいいんちゃうかなって思うよ。

これは入院中に看護師さんにしてもらっていた方法やねん。簡単やしこれだけでも効果はあるんねんよ。

それとラベンダーやったら、肌にも優しいんで寝る30分前に手首の内側に1滴塗る方法もあるよ。

アロマバスで心身共にリラックスする方法

夏なら38~39℃、冬なら40℃くらいのお湯に、10~20分つかる入浴法が副交感神経を刺激してリラックスできるんよ。

その時に精油を入れ、アロマバスにしたら一層効果があがるんよ。

鎮静作用の高い精油、マンダリンやジャーマンカモミールなどを数滴をウォッカ10mlに溶かして、お湯に混ぜるねん。

ウォッカは精油を薄めるために使いますが、かわりに牛乳やはちみつを使ってもいいねんよ。

そのまま精油をお湯に垂らすだけでもいいねんけど、精油=油なんでお湯には溶けへんねん。その場合は、よくかき混ぜて入るようにしてね。

リラックス効果のある精油

ラベンダー

自律神経系の調整をしてくれ、心身に効くねん。

緊張をほぐしてリラックスさせてくれるよ。

アロマバスにも最適。

眠れない夜には手首に1滴塗るのもおすすめやねん。

 

不眠に効果があるアロマってゆうと、ラベンダーが非常に有名なんよ。

ラベンダーは脳の興奮を鎮めて、心と体を落ち着かせる効果が認められてるねん。

さらに、いくつかの研究では、ラベンダーの香りを感じながら眠ると、深い睡眠が増えるってゆう結果が出てるらしいよ。

ラベンダーの安眠効果は広く認められてて、病院でも使われることが多いんよ。

マンダリン

中枢神経を鎮静させる作用があり、イライラした気持ちを落ちつけてくれるねん。

オレンジ系の香りが、もやもやした気分をすっきりさせてくれるねん。

ジャーマンカモミール

怒りやイライラの軽減に作用するねん。

不眠などにも効果があるよ。

他にかゆみや炎症を抑えるときにも使用できるんよ。

ネロリ

柑橘系の花の香りやねん。

心のバランスをとり憂うつな気分を軽くしてくれるんよ。

枕元にコットン、ティッシュに1滴落として置いておくといいと思うよ。

イランイラン

エキゾチックな香りやねん。

神経の高ぶりを抑えてくれるんよ。

気分が明るくなるんよ。

眠れない夜には、アロマポットやアロマライトでの芳香浴がおすすめやねん。

クラリセージ

自律神経の乱れを整えてくれて、女性ホルモンの働きを調整してくれるねん。

更年期の不快症状にも効くって言われてるよ。

また老化予防にもいいらしいよ。

ゼラニウム

バラのような甘い香りやねん。

肌に良い作用の成分が多く含まれてるねん。

ホルモン調整作用があり、血行を促進させてくれるねん。

フランキンセンス

不安や緊張を和らげてくれるねん。

ホルモンの調整作用があるんで、妊娠中の使用は避けた方がいいんよ。

痰を取り除く作用もあるよ。

 

スポンサーリンク

朝の目覚めを良くする精油

ローズマリー

シャキッとさせてくれるすがすがしい香りやねん。

滞りがちな血液やリンパの流れに働きかけてくれるねん。

頭をすっきりさせたい時によい精油なんよ。

ペパーミント

メントールの香りがすっきりさせてくれるねん。

落ち込んだ気持ちを和らげ集中力を高めてくれるねん。

即効性があるよ。

レモン

さわやかな柑橘系の香りやねん。

空気浄化作用もあって、精神疲労を回復させてくれるんよ。

肌に直接つけるとシミになるので、直接つけへんように気をつけてね。

アロマ選びの注意点

アロマ選びの注意点として、100%天然のアロマを選ぶようにしよう。

安いもんやと、化学成分が含まれてることがあるしね。

 

それと、アロマは妊娠中には使用しないほうが良い物が多いから気をつけて。

中には妊娠中に使っても問題ないアロマもあるかもしれへんけど、妊娠中はアロマは控えるほうがいいと思うよ。

 

精油の種類によっていろいろ効果があるねんけど、あんまりきにせんと好みの香りを選ぶといいんちゃうかなって思うよ。

入院中もいくつか香りをかがせてもらい気にいった香りを使っててん。

ラベンダーの効果は広く認められてるねんけど、私はあまり香りが好きやないので使ったことはないねん。

個人的に柑橘系の香りが好きなんで、マンダリンやネロリがお気に入りやってん。

好みの香りやないもんを使うと逆に気になって、寝られへんと思うんで、お好みの香りを使う方がよい効果が得られるんちゃうかなって思うよ。

猫を飼ってる人は注意!!

我が家には、4匹の猫族がいるねん。

猫にはアロマオイルは有害なん知ってはるかな?

実は、私も知らんかってん。

使う前に調べてわかったんで、使うことなくすんだんやけどね。

精油はネコ科の動物には、人間や犬等他の動物とは違った危険性があるねん。

皮膚からの吸収による猫の中毒症状があるし、猫の皮膚にはどんな精油も使用したらあかんねん。

それと精油成分を上手く代謝できひんから、絶対に猫が精油を舐めへんようにしなあかんねん。

そやし、猫を飼っている方はアロマを使用せん方がいいよ。

 

猫に対するエッセンシャルオイル(精油・アロマオイル)の危険性 (Tea-treeの森)に詳しく書かれてるので参考にしてみてね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はっぴーあくま

はっぴーあくまです。 猫大好き、今は黒猫2匹と白猫(オッドアイ)2匹、4匹と一緒に暮らしてるんよ。母親らしくないっていつも言われるこどもっぽい私。これでも高2と中3の2人の娘がいる40代の悩み多き?ワーキングマザーです。 ドリカムの歌が大好きで今日もドリカムの世界に浸ってます。