オッドアイ猫の生まれる原因と確率、耳が聞こえない聴覚障害がある?

オッドアイの猫って知ってる?

目の色が右と左で違う猫のことなんやけど。

我が家の猫族の白猫2匹もこのオッドアイなんよ。

IMG_0024 IMG_0339a

オッドアイ(猫)とは

オッドアイ(英:Odd-eye)は、猫の目に見られる左右の虹彩色が異なるという状態、すなわち虹彩異色症、あるいはそれを有する猫のことである。

オッドアイを有する猫は、どのような毛色の個体にも存在するものの、白猫に特に多く、いわゆる純血種では、ターキッシュバン、ターキッシュアンゴラ、ジャパニーズボブテイルという3品種に現われやすい。

ジャパニーズボブテイルの場合は、白地の三毛の個体に特に多く見られる。

その色の組み合わせは、片方が青色で、もう片方が橙色、黄色、茶色、緑色のどれかであることが通常である。

一方が黄色で、他方が黄味の無い淡銀灰色あるいは淡青色の場合、日本では「金目銀目(きんめぎんめ)」と呼ばれ、縁起の良いものとして珍重されてきた。

オッドアイを有する猫は、薄い色、すなわち青色の眼の側の聴覚に障害を持つことがある。

これは青色の眼の側の聴覚だけに起こるのが普通で、青色でない眼の側の聴覚は正常であることが普通である。

その発生率については、おおよそ3割から4割ほどであるとする研究がある。

ウィキペディアより

珍しいと思うねんけど、白猫の中やと意外と多くって、だいたい25%の確率で生まれるらしいよ。

遺伝子の関係から白猫がオッドアイになる確率が高いねん。

そやけど、猫全体でゆうたら1%もいーひんねんて。

全身真っ白な猫は、鼻はピンクで目の色は3パターンあるねんよ。

目の色は青、黄色、オッドアイがいるねん。

よ~く白猫を思い出してみると、確かに目が青い子、黄色い子多くない?

日本では「金目銀目」と呼ばれ、縁起のいい猫、幸せを運んでくる猫って言われてるんよ。

 

オッドアイや青い色の瞳の場合、メラニン色素があらへんから瞳に紫外線ダメージを受けやすいねん。
猫はひなたぼっこが好きやけど、光が強い日とか直射日光は避けてあげた方がいいんちゃうかな。

虹彩の色はメラニン色素の量で決まるねん。

メラニンの量が多いと濃い茶色、薄くなるにつれて明るい茶色、緑、青になるねん。

オッドアイの原因

先天的な要因

突然変異で生まれる色素をまったく持ってへんアルビノをのぞいて、白い毛を作り出す遺伝子は二種類あるねん。

「白色遺伝子」と「白斑遺伝子」っていう2つの遺伝子が猫のメラノサイトの働きに大きく関係してるねん。

「白色遺伝子」は全身が白色の猫が持つ遺伝子で、毛色を白一色にしたり、他の毛色の発生を抑制する働きがあるんよ。
「白斑遺伝子」は局所的に猫の毛に白い部分をつくる遺伝子やねん。

毛と瞳が形成される時にこの二つの遺伝子がメラノサイトの働きに影響を与え、まれに虹彩色が左右でそろわへん瞳を持つオッドアイの猫が誕生するねん。
色素が抜けてる(無い)状態の目は青くなるよ。
そやから、色素がない白猫に青目やオッドアイが多いねん。

それと、お母さんの胎内にいるときに正常に色素が作成されへんかったという場合もあるんよ。
この場合やと、体のどこに色素の違いが出てもおかしくないんやけど、それがたまたま「虹彩の色」に現れたってゆーことやねん。

後天的な要因

事故や病気など後天的な理由で目を損傷し、片方の目のメラニン色素の量が減少したらオッドアイになることがあるらしいよ。
人間でゆーたらデヴィット・ボウイさんがの殴られた事による事故の後遺症でオッドアイになったらしいよ。

ブリーダーが敢えて交配するケース

日本ではオッドアイやからと高値になることはないんやけど、海外ではオッドアイが人気の国もあるねん。
そやから、オッドアイになりやすい交配をするケースもあるらしいよ。

聴覚障害

オッドアイの猫は青い目の方の耳が聞こえへんってゆう、障害がでやすいって聞いたことない?

これは、ちょっと違ってオッドアイだけやなく、白で青い眼の猫は耳が聞こえへん場合が多いやねん。

オッドアイの白猫が聴覚障害になる確率は、30~40%あるらしいよ。

グレーの麻呂みたいな斑点

白猫で生まれた時に、体のゴーストマーキング(うっすらグレーのぶち)や、頭のキトゥンキャップ(頭に出る麻呂のような模様 )がある場合、潜在的に持ってる毛色の遺伝がわかったりするらしい。

スポンサーリンク

我が家の白猫(オッドアイ)もおでこあたりに、グレーの麻呂があったんよ。

IMG_0213

大きくなってきたら、自然に消えてなくなって真っ白になったんよ。

消える色斑

白猫の子猫の身体の一部に灰色の薄い斑点が出現することがある。これは成長とともに消失してゆくもので、「ゴースト・マーキング」と呼ばれている。

ことに頭部に現われるものを指して「キトゥン・キャップ」ともいうこの色斑は、白色遺伝子を有する子猫のみに出現するものであり、その色を確認することによって、白色遺伝子の抑制したその子猫の潜在する毛色―隠された毛色の識別が可能になってくる。

ウィキペディアより

ほんで、このゴーストマーキング、キトゥンキャップのある白ネコは黒色の遺伝子があるんで聴覚障害がないって聞いたよ。

我が家の白猫(オッドアイ)の「あくび」も「さん」もお耳、が聞こえてへんような感じはあらへんかな~。

呼んだら、返事しはるしね。

万が一、青いおめめの方の耳が聞こえへんかったとしても、家の中で暮らすには、特に不自由はないんやろうって思うよ。

野生の場合は、猫は聴覚に頼る割合が大きいんで、獲物をとったり、危険を察知するんに大きなハンデになってしまうんやろうね。

 

我が家のオッドアイの「あくび」と「さん」は里親探しで譲ってもらったんよ。

うちのオッドアイ猫どうやって譲り受けたかは、「我が家の猫族たち」でどうぞ。

関連記事 ⇒ 最新(2016年)オッドアイ猫の販売価格は?どこで見つける?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はっぴーあくま

はっぴーあくまです。 猫大好き、今は黒猫2匹と白猫(オッドアイ)2匹、4匹と一緒に暮らしてるんよ。母親らしくないっていつも言われるこどもっぽい私。これでも高2と中3の2人の娘がいる40代の悩み多き?ワーキングマザーです。 ドリカムの歌が大好きで今日もドリカムの世界に浸ってます。