カナダ チャーチルでシロクマとオーロラを見た②

1992年、今からもう23~24年前になるんやけど、私はワーキングホリデーでカナダに滞在してたんよ。

カナディアンロッキーの観光地バンフでツアーガイドをして、仕事のオフシーズンにカナダのいろんなところを旅したんよ。

中でも、思い出深いのが、チャーチルアルヴィアットやねん。

この前は、チャーチルでシロクマに会ったことを思い出しながら、書いてみてんけど今回は、オーロラのお話。

チャーチルでシロクマを見た話 ⇒ カナダ チャーチルでシロクマとオーロラを見た①

ツンドラバギーツアー(シロクマを見に行くツアー)が終わってから、鉄道で知り合ったアメリカの女性のホテルに遊びにいってん。

「今日はシロクマ見れた?」なんてお楽しくしゃべりをしてたんよ。

ほんなら、お友達になったアメリカの女性が窓の外を見て、「見て~、ノーザン・ライツが見えるわよ」。

なんと、窓からオーロラが見えてん!!

※オーロラは「aurora」でえーんやけど、英語で一般的には「northern lights(ノーザン・ライツ)」って言うことが圧倒的に多いんよ。

EPSON MFP image

EPSON MFP image

緑~黄緑色の大きな大きなカーテンが、ゆらゆら風で揺れてるみたいやったよ。

ほんまはっきり見ええたし、きれいやったぁ~。

暗い空に緑から黄緑色に変わっていくねん、神秘的やった~。

テレビとかでよく見るやん、あれそのものやねん。

言葉にならへんくらい、じっと見入ってしもた。

結構長い時間見えてて、壮大な自然を感じたよ。

自然ってすごいわ。

ほんま一生に一度、見れたらいいって思ってたんやけど、見えるかもってちっとも思ってなかってん。

なんせシロクマ目当てにきてたからね。

ほんなら、こんなに簡単に見られてしもたし。

それに、町中では見るんが難しいって聞いてたのに、ホテルの窓から見れるなんて、ほんまラッキーやねん。

今回はオーロラを期待してもいーひんかったからか、お得感満載やった。

オーロラを見に行くツアーに参加するより、昼間にシロクマも見れて、夜にはオーロラ見れてでチャーチル最高やん!

オーロラってどんなところで見えるんか、オーロラについてちょっと調べてみたよ。

オーロラは北極、南極付近ではあんまりみれへんねん。

それと、オーロラが北極近くで出てるときは、南極近くでもおんなじように出てるねんで。

よく、オーロラが見えるって有名なとこは、カナダのイエローナイフ、アラスカのフェアバンクスなんかやね。

たくさんの観光客や、写真家が集まってくるんよ。

スポンサーリンク

オーロラ出現地域

オーロラは完全な両極点近傍ではあまり観測されない。

地磁気の緯度でいえば、昼側では75度を中心としておよそ77度から78度のあたり、夜側では65度を中心としておよそ68度から70度のあたりに、地球の磁極を取り巻くドーナツ状の領域に発生する。

オーロラの発生している領域を「オーロラオーバル」と呼ぶ。

そして、昼夜を平均すると地磁気の緯度でおよそ60度から70度のあたりにオーロラがよく発生するので、この領域を「オーロラ帯」(オーロラベルト)という。

200px-Map_auroral_oval_mostly_canada

オーロラ発光の原因であるプラズマ粒子がほぼ磁力線に沿って動くという性質を持っていることと関係している。

オーロラを起こす粒子が主要な供給源であるプラズマシートから地球電離層まで磁力線に沿って進入すると、このドーナツ上の領域にたどり着くため、そこでオーロラが発光しやすいのである。

最もオーロラの見られる頻度が高い地域では、一年に250日くらい見える。

つまり、白夜ではない夜ならばほぼ毎日見られるのである。

オーロラの活動が活発なとき、オーロラオーバルは大きくなり、より低緯度側に現れる。

カナダのイエローナイフやユーコン準州のドーソンシティ、アラスカのフェアバンクス、スウェーデンのキルナがオーロラがよく見られる場所として有名で、多くの観光客や写真家が訪れる。

ウィキペディアより

オーロラがよく見えるとこでは、年間250日も出てるなんてすごくない?

すごい確率で見えるやん。

白夜では、明るくて見えへんのやけどオーロラは出てるらしいよ。

とゆーことは、年中オーロラは出てるねん。

 

そやけど、見える条件が揃ってへんと見ええんらしいよ。

まず、暗くなかったら、見えへんねん。

日常的に現れるオーロラの光はとても弱いねんて。

そやから暗い夜になるし、街の明かりが漏れるところはあかんねん。

オーロラのよく見えるって言われるとこに住んでても、街中では見えへんことが多いねんて。

 

オーロラを見に行くってツアーいろいろあるやん、それでも何時間も外で待って何日が滞在して見れるかどうからしいやん。

うちの両親が北欧のオーロラツアーに参加したけど、寒いわ、何時間も外でいつ出るかわからへんオーロラを待ってるんやって聞かされたよ。

そんな苦労して見に行かなあかんのに、私は気付いたらオーロラが出てたんやで。

それも、部屋の中から見れたなんてすごいラッキーやったと思うわ。

暗くないと見えへんのに・・・

チャーチルはこの時期、シロクマが町にもやってくることがあるし、外には出られへんかって、部屋の中からずっと見ててん。

ほんま、アメリカの女性と私らラッキーやねってゆーててん。

 

オーロラを写真におさめられへんかったんが残念やったわ。

 

極寒の地を訪れ、シロクマも見て、極寒+野生動物にはまってしまった。

次は絶対、南極へペンギンを見に行きたい。

 

って密かに思ってるねん。

 

いつかきっとってね。

 

チャーチルからさらに北へ行ってみたお話 ⇒ カナダ イヌイットの街 ヌナブト準州 アルヴィアットに足を踏み入れた

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はっぴーあくま

はっぴーあくまです。 猫大好き、今は黒猫2匹と白猫(オッドアイ)2匹、4匹と一緒に暮らしてるんよ。母親らしくないっていつも言われるこどもっぽい私。これでも高2と中3の2人の娘がいる40代の悩み多き?ワーキングマザーです。 ドリカムの歌が大好きで今日もドリカムの世界に浸ってます。